ビタミンC誘導体の人気は?

ビタミンC誘導体を使おう

ビタミンC誘導体というのはビタミンCを肌に浸透しやすいように変性させたものです。
肌への浸透というのは美容での大事なポイント!
ビタミンCは肌に浸透しにくいのはご存知の通りですね。

 

美肌のために必須というビタミンC。
でも浸透しなければ意味がないのです。

 

ビタミンCや誘導体配合の美容液はたくさんありますが、どの程度浸透しているのかが問題!
きちんと浸透したビタミンCの効果はとても高いものがあります。

 

美容外科などでもビタミンCを注射しますね。
血管に直接入れるビタミンCはまたパワフルなものです。

 

若返り、美容の効果が高いビタミンCを誘導体にした美容液や化粧品が人気になっています。
特にアンチエイジングを考える人には欠かせない成分です。

 

何に効果があるかというと、ほぼすべてと言ってもいいくらい。
ニキビ跡や毛穴の開き、たるみやしわ、くすみやシミにも効果を発揮するといわれています。

 

毛穴の開きについて悩む方が多いですが、一度毛穴が開いてしまったら小さくなることはないといわれています。
なので、毛穴が開かないように予防するのが大事になります。

 

でも、実際はケアしていても毛穴は開いてしまうものです。
ビタミンC誘導体は開いてしまった毛穴も目立たなくすることができるということです。
お化粧しても目立つイチゴ鼻や夏みかんみたいな頬っぺたはぜひ改善したいものですね。

 

 

ビタミンC誘導体の特徴

ビタミンCは肌にいいというのはご存知の通りですが、成分が壊れやすく不安定なのが欠点です。
そこで、その不安定さを人工的な力を加えることによって安定したものにします。
そうやってできあがったのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性のものがあります。
化粧水や美容液に配合されるのが水溶性、クリームなどは油溶性のものが多いですね。

 

ビタミンC誘導体の働きは様々です。

 

ビタミンC誘導体には、抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、できてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用などさまざまな美容効果があります。

 

さらに、分子が小さくなって浸透しやすくなったタイプのビタミンC誘導体は、真皮でコラーゲンの生成に働きかけることが期待できます。シミ、シワ、肌のたるみなどさまざまなトラブルに効果が期待できる成分なのです。

 

*スキンケア大学より引用

 

ビタミンC誘導体化粧品といっても使い心地はメーカーによって違うし、濃度も違います。
自分の肌にあったものを見つけて使い続けるのがおすすめです。

 

美白化粧品やニキビ化粧品、保湿化粧品などほぼオールラウンドにビタミンCは使われているといっていいと思います。

 

 

ビタミンC誘導体 APPSとは

APPSとはアプレシエの事です。
先ほども水溶性と油溶性の誘導体があると述べましたが、その両方を備えているのがAPPSというわけです。

 

少し難しい話になりますが、ビタミンC誘導体はリン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加したものになります。
特徴としては、浸透力がとても高くなる、ということです。
従来のビタミンC誘導体に比べて100倍も浸透力が高いというのにはビックリですね!

 

コラーゲン生成を助けるというビタミンC、やはりAPPSを使った方が効果が高そうです。
APPSのメリットは、美顔器などを使って浸透させる必要がないところ。
ただ塗布するだけえスーッと浸透していき、その効果を発揮してくれるんですね。

 

お肌の衰えが気になるのは30代、40代からと言われます。
(実際には20代後半でも衰えは始まりますが)

 

いつまでもハリのあるそして透明感がある肌でいたい方のために、ビタミンC誘導体APPSはピッタリです!